後継者がいないなら事業承継を行なっている業者に頼もう

メンズ
男女

都市圏での経営サポート

開業支援のサービスは大阪のような都市圏でのビジネスにおいて欠かせないサポートとなっています。専門的な事業者は開業後の状況に応じた臨機応変な支援を提供しており、ビジネスを軌道に乗せるための優れた戦略を考案してくれるのです。

店内

物件紹介の流れ

店舗経営に最適な大阪の賃貸物件情報の多くが非公開であり、不動産会社を通じて個別の貸店舗の入居条件を確認することが重要です。ローコスト経営に最適な居抜き物件も人気がありますが、デザインにこだわる場合にはスケルトン物件を選ぶのがポイントです。

男性

経営に有利に

大阪の貸工場が、経営者の方に人気になっています。新しい事業を展開するときも、自社で工場を建てる必要がないのでコストが削減できますし、移転にも便利です。広いスペースができることによって、仕事に集中できてストレスも緩和されます。

事業を承継するポイント

複数の人

後継者選び

企業経営者にとって大切なのが、事業承継です。企業の事業を後継者にいかに引き継ぐことができるか、これが大きなポイントになります。事業承継に成功するには、まず後継者選びに注意してください。後継者を誰にするのかを早めに決めておき、長い期間をかけて教育することが大切です。事業承継と聞くと、株式対策やM&Aなどの、手段や方法論に目が行きがちです。しかし最も大切な点は、事業をきちんと引き継いでくれる後継者をしっかり決めることです。後継者いかんによって、将来の企業経営に大きな影響を及ぼします。企業経営の後継者としては、次の人たちが考えられます。まず、現在の経営者の親族です。親族としては、経営者の息子、娘、いとこなどが該当します。次に親族以外の人たちで、こちらは幹部社員、関連会社の社員などが挙げられます。その他には、他の会社の経営者なども候補になります。これら該当者の中から、企業の将来を任せることができる人を選んでください。そして後継者が決まれば、今度は後継者候補の方に経営権を集約させることになります。企業の社長になるには、一般的に2つの特権が必要だと言われています。その一つが社長としての代表権、そしてもう一つ支配者としての議決権です。株主総会などでの議決権などが該当します。企業経営者にとって大切なこれらの特権を、後継者候補の方に集約させることが成功の近道と言えます。また、後継者が見つからないと悩んでいるのであれば、M&Aを行なっている仲介業者もあるため、相談してみるとよいでしょう。しかし、仲介業者も沢山あるため、相談する際には信頼できる業者を見つけることが重要となります。そのため、それぞれの業者を比較しながら目的に合ったところを選ぶようにしましょう。